2017年11月15日水曜日

Kingsoftで作るパワーポイント資料の作り方(第2回)

今回は、第1回のレイアウトの選択の続きです。

レイアウトの選択で「白紙」を選ぶことで、自由度の高いスライドを作ることができます。

1.レイアウト「白紙」を選び、そのスライドの好きな場所にテキストを挿入する方法

上のツールバー「挿入」を選択
次に「テキストボックス」を選択
次に「横書きテキストボックス」を選択
次にタイトルを入れたい場所をマウスでドラッグして広げると文字が入力できます。
最初は文字が小さいですが気にせず、入力してください。

上のツールバー「テキストツール」を選択
次に文字を選択(マウスで文字全体を選択してください。)
左上の書体の右隣が文字の大きさなのでそこで調整します。
次に文字の大きさが決まったら、右側のアルファベットのAが並んでいる中で好きなデザインを選べば画像のように反映されます。

2.好きな場所に画像を配置する

上のツールバー「挿入」を選択
次にツールバーの下、一番左側の「図」を選択。
すると、パソコンの中の画像を選べるようになるので、選べば貼り付け完了です。
大きさや位置は、マウスで簡単に調整ができます。

基本、この文字(テキスト)と画像が自由に挿入できればどんな資料でも作ることができます。
最終回は、Kingsoft Presentationから離れて、ウェブ画像の取り込み方を紹介します。
ウェブ画像を取り込むことができれば、あとは、今回の画像の貼り付けでセミナー資料は完璧ですよね。
Kingsoftで作るパワーポイント資料の作り方(第3回)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Amazon パソコン周辺機器売り上げランキング

こんなお客にワードプレスは勧めてはいけない

ワードプレスにクレームが付いてくる ホームページ作成業者のワードプレス納品後のあるある案件をご紹介。 クレーム。できうることなら1つももらいたくない。 でも、どうしたって仕事にはついてくる。落ち込まずに、同じクレームは二度と受けないようにしていくのがビジネスだと...