2017年10月16日月曜日

ジャンルでウェブサイトを分けるべきか?のSEO対策


ターゲットが異なるサービスの場合、ウェブは分ける分けない?


問題です。以下の場合の適切なウェブの展開方法を答えなさい。


会社Xの中には、a事業部とb事業部があります。

a事業部では、企業向けサービスxと一般家庭向けサービスyを取り扱っています。

b事業部では、一般家庭向けサービスzを取り扱っています。

この場合のウェブの構造として適切なものは?

1.全て同じページにする。

2.事業部別ページにする
3.ターゲット別ページにする

適切とは何を持って適切というのか?

それは、ただ一点、ユーザビリティです。ターゲットが情報を得るときに関連情報を得やすい状況はユーザビリティが高い状況と言えます。

たとえば、1の場合

zの情報が欲しい、一般家庭に主婦にとって、事業者向けのxの情報はあまり欲しい情報ではないと言えます。yも掲載されていますが、xがあることで情報が埋もれてしまうリスクもある。

2も同様

事業部別にするのは、情報提供側の都合でしかありません。

基本は3を選ぶことになります。

よくSEOではどうですか?という質問が上がりますが、以前のようにテクニックでSEO効果を上げる時代はとうに終わっています。
ユーザビリティ=使いやすさを向上させることが、そのままSEO対策に繋がると思って間違いありません。

ドメインは分けた方が良いですか?

更に言えば、ドメインも性格を帯びてくると言われています。
ターゲットごとにドメインを分けることもまた、有効な手段と言えるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Amazon パソコン周辺機器売り上げランキング

こんなお客にワードプレスは勧めてはいけない

ワードプレスにクレームが付いてくる ホームページ作成業者のワードプレス納品後のあるある案件をご紹介。 クレーム。できうることなら1つももらいたくない。 でも、どうしたって仕事にはついてくる。落ち込まずに、同じクレームは二度と受けないようにしていくのがビジネスだと...